過敏性腸症候群の症状と対処法のトリセツ

 

 

過敏性腸症候群の症状

 

過敏性腸症候群は大腸や小腸に物質的な障害などが全く見当たらないにもかかわらず、機能的に大きな問題を抱えている状態で、それによって発生する症状全てを指す総称です。そのため、腸の機能不全による症状全てが過敏性腸症候群の症状として考えられます。

 

特に代表的なのが下痢、便秘、分泌液過剰、ガスのコントロール不全で、この代表的な症状4つのどれが強く起こるかによってタイプが分けられています。また、これらの症状がストレスなど精神的な状態と強く結びついている点も特徴の一つです。

 

ストレスを感じると短時間で下痢を引き起こしてしまうのが慢性下痢型の過敏性腸症候群です。とにかくストレスを感じると即座に下痢が起こるので、それ自体がストレスとなり負のスパイラルへと陥りがちです。慢性的な下痢は水分不足による諸問題やある種の栄養不足、また痔などを引き起こすため想像するよりも大きな問題です。

 

また、下痢と便秘が交互に引き起こされるタイプもあります。これは不安定型といい、過敏性腸症候群の中では比較的ストレスなど精神的な要因に左右されず、決まった間隔で下痢と便秘が繰り返されることが多いです。

 

また、腸が過剰に分泌液を分泌し、排便時に強い痛みを感じたり肛門付近が濡れたり不潔になりがちなのが分泌型です。慢性下痢型よりも痔を引き起こしやすく、悪化させやすいものです。

 

そして、もっとも精神的な要因が強く出て、自分の意思と反しておならを出してしまったり、頻繁におならが出そうになったりするのがガス型です。ガス型もやはりおならをしてしまって周囲に笑われたり馬鹿にされたりする経験が症状を悪化させがちで、周囲の理解も必要となります。

 

参考:過敏性腸症候群ガス型は治る?

 

過敏性腸症候群と下痢の関係

 

過敏性腸症候群の主な症状の一つに下痢があります。過敏性腸症候群の下痢がただの下痢と比べて非常に辛いのは、慢性下痢型のタイプだとストレスや緊張などとリンクして発生することです。失敗できない仕事の席など、我慢しなければならないシーンであればあるほど下痢が強く催されることになります。

 

この下痢の原因は他の過敏性腸症候群の症状と同じく、腸のぜん動運動の異常だと考えられます。まともに消化吸収が完了していないにもかかわらず腸の極端なぜん動運動により食物が未消化のまま腸を進んでいくため、強い下痢が引き起こされます。

 

また分泌型の過敏性腸症候群に限らず、腸からの分泌液が過剰になるケースも多いため、これもまた下痢の傾向に拍車を掛けます。腸の異常と連動して胃まで機能的な異常が発生すると、下痢はより酷いものとなってしまいますし終いには栄養障害や脱水症状まで現れることさえあります。

 

ストレスや緊張などに起因して発生する慢性下痢は、器質的な問題に起因していない以上薬でぱっと散らすということが難しい症状です。

 

ストレス源などを根本的に解消する必要がありますが、仕事がストレスになっていたりするとそれも容易ではありません。本人の精神的な辛さを解消すると同時に腸の異常を抑制する薬や、栄養を補いつつ腸の根本的な正常化を促す漢方などを用いて、多くは長めの時間をかけながら根本的な治療に当たることになります。

 

過敏性腸症候群は完治する病気?

 

過敏性腸症候群は腸に器質的な問題が発生していないにもかかわらず機能的な問題が発生している状態ですので、特効薬で速やかに治療したり、あるいは外科的手法で治療し完治させるということが難しい病気です。

 

そのため、過敏性腸症候群を患う方はもう一生この病気と付き合っていかなければならないのではないか、と暗澹たる思いを抱いている人が少なくありません。しかし、過敏性腸症候群を患った人の多くが実際に完治していますし、決して不治の病だとかその人の体質と化してしまうわけではありません。

 

過敏性腸症候群はいかに腸に器質的問題が見つからないといっても、それは原因がないのに症状が起こっているということとイコールではありません。過敏性腸症候群ではその多くがストレスや生活習慣の乱れなどが自律神経のバランスを崩し、そこから腸の症状が引き起こされていると考えられています。特に明確なストレス要因があることが多いため、それを解消することが何よりも重要なのです。

 

また、多くの漢方薬も過敏性腸症候群の根本的な改善に役立つと実証されており、過敏性腸症候群に最も用いられる桂枝加芍薬湯を飲みながら精神療法を行った結果短期間で症状が消失したという記録が数多くあります。

 

過敏性腸症候群は不安やストレスが症状を悪化させます。決して治らない病気ではなく、多くの人が完治できている治る病気ですので、あまり深刻に考えずリラックスして治療に当たりましょう。

 

仕事中の過敏性腸症候群の症状の対処法

 

過敏性腸症候群の対処が難しい点に、意識をすればするほど症状が強く表れてしまうという点があります。下痢なりおならなりをどれだけ本人が我慢しようと、むしろ我慢しようとすればするほど症状が強くなり遂には我慢できなくなるものです。

 

普段はできるだけ症状を緩和させるための対症療法的な薬は使わないようにしている、といっても、過敏性腸症候群の場合は薬の力に頼ってでも症状を抑えることが勧められます。

 

というのは、過敏性腸症候群は精神的な要素が大きい病気ですので、もしこれにまつわる失敗体験をしてしまうと、その体験をその後否応なしに強く意識してしまうこととなり、それがさらなる過敏性腸症候群の症状悪化に繋がるからです。

 

西洋医学では、症状に合わせた過敏性腸症候群の症状改善薬が用意されています。特に下痢に効く薬やガスに効く薬など症状に合わせて選ぶことができますが、下痢・粘液漏れ・ガスいずれにしても腸の異常なぜん動運動によってもたらされていることがほとんどですので、腸の異常なぜん動運動を緩和する働きのある抗コリン薬やセロトニン3受容体拮抗薬が使いやすいでしょう。これと症状への対策に特化した薬を組み合わせることもあります。

 

即効性のある薬を懐に持ち歩くなり事前に飲んでおくなりすれば、その安心感が過敏性腸症候群の症状を緩和するというメリットもあります。特に失敗できない仕事の場などでは、事前にお茶などを飲んでリラックスすると同時に、最後の手として薬を用意しておくといいでしょう。

 

参考:過敏性腸症候群サプリランキング!摂るべきおすすめはこれ

更新履歴