過敏性腸症候群ガス型は治る?克服する方法!記事一覧

最近よく話題となることの多い過敏性腸症候群。これは新種の病気というわけではなく、診断で病名が付くかどうかをさておけば昔からあったであろう病気です。大腸や小腸、特に大腸の働きに支障がきたすことでもたらされる症状をまとめて過敏性腸症候群と呼んでおり、大腸や小腸に物理的損傷や機能的欠損などが具体的に見つかれば他の病名が付くのですが、そういった問題点が見つからないにもかかわらず腸に問題を抱えている状態がこ...

過敏性腸症候群を薬で対処しようと考える場合、西洋薬でとりあえず症状を治めるか、漢方で長期的に改善を試みるかの選択となります。症状の強さによってどちらを選択するか考えることとなります。西洋薬での対症療法的アプローチで良く用いられるのは抗コリン薬です。過敏性腸症候群のガス型では、腸のぜん動運動が極端に強くなったり、あるいは止まったりと極端な動きを示すことがあります。特に精神的に緊張したときにぜん動運動...

過敏性腸症候群のガス型では、とにかくおならの元であるガスに翻弄されることとなるのですが、過敏性腸症候群の全てが器質的問題を生じていないように、ガス型でもガス自体がたくさん発生する病気というわけではなく、普通の人でもたまるガスの量ですが制御ができないというだけなのです。そのため、特にガスの量を気にして食事などを考える必要はないのですが、実際に制御できず出してしまうことを考えると、臭いについては少し気...

過敏性腸症候群の中でも特に精神的な要素の強いガス型、対症療法的なアプローチで症状を一時的に緩和することはできますが、一生薬に頼るのでもなければ根本的な治療は別に必要です。過敏性腸症候群の根本的治療にはよく漢方薬が用いられ、これを毎日服用すると同時に精神療法や根本的原因の解決を目指していくこととなります。まず、タイプを問わず過敏性腸症候群に有効な漢方として、桂枝加芍薬湯や桂枝加葛根湯、大建中湯などが...

おならが異常なほどよく溜まったり、我慢しきれず頻繁に出てしまうのは過敏性腸症候群ガス型の特徴です。ですから、急にあまりにもおならにまつわるこれらの症状に悩まされるようになれば過敏性腸症候群が疑われますが、過敏性腸症候群でしか発生しない症状というわけではありません。過敏性腸症候群に典型的な他の症状を気にしつつ、他の要因についても考えてみる必要があります。まず、単純に腸に発生するガスの量が多くなってい...