過敏性腸症候群ガス型に効く漢方薬

過敏性腸症候群の中でも特に精神的な要素の強いガス型、対症療法的なアプローチで症状を一時的に緩和することはできますが、一生薬に頼るのでもなければ根本的な治療は別に必要です。

 

過敏性腸症候群の根本的治療にはよく漢方薬が用いられ、これを毎日服用すると同時に精神療法や根本的原因の解決を目指していくこととなります。

 

まず、タイプを問わず過敏性腸症候群に有効な漢方として、桂枝加芍薬湯や桂枝加葛根湯、大建中湯などがあります。これらは虚弱体質の改善にも用いられるもので栄養補給にも役立ちますが、腸の異常な運動を抑える働きもあるため、全てのタイプの過敏性腸症候群の症状を和らげる働きがあります。飲み続けていくことで少しずつ症状が改善していくことが期待できますし、下痢の症状があるならばそれで失った栄養の補給にも役立ちます。

 

逍遥散も過敏性腸症候群によく使われる漢方で、過敏性腸症候群に関係なく女性特有の問題にもよく用いられる漢方ですので、生理周期に沿って症状が悪化するガス型の過敏性腸症候群には試してみる価値があります。

 

これに二つの生薬を加え、特に精神的な安定をもたらす働きを高めた加味逍遥散も、ガス型では特に用いられる漢方の一つです。

 

基本的には過敏性腸症候群といえばまず桂枝加芍薬湯が用いられるものと思いますので、こちらから始めてみるといいでしょう。特に桂枝加芍薬湯は漢方の中では比較的効果が早く現れることが多いため、しばらく飲み続けるとすぐによくなってしまったという声もよく耳にします。