おならが良く出る、ガスだまりは過敏性腸症候群?

おならが異常なほどよく溜まったり、我慢しきれず頻繁に出てしまうのは過敏性腸症候群ガス型の特徴です。ですから、急にあまりにもおならにまつわるこれらの症状に悩まされるようになれば過敏性腸症候群が疑われますが、過敏性腸症候群でしか発生しない症状というわけではありません。過敏性腸症候群に典型的な他の症状を気にしつつ、他の要因についても考えてみる必要があります。

 

まず、単純に腸に発生するガスの量が多くなっている可能性について検討します。例えば、食物繊維を多く取ることは腸内環境によいことですが、一方で食物繊維は人間の消化酵素では一切消化されないため、内部に空気を含んだままその形を保ち腸へと進んでいきます。

 

また、消化されないままの食物繊維は腸で腸内細菌により発酵するため、ここでもガスが発生します。体に悪いわけではありませんが、おならの元になることは間違いありません。サツマイモを食べるとおならが出るというイメージも、豊富な食物繊維によるものです。

 

また、食事中に食べ物と一緒に飲み込んでしまう空気もおならの大きな原因の一つです。特によく噛まず、飲み込むように食べる早食いの方はかなりの量の空気を食べ物と一緒に飲み込んでいると考えられるため、胃腸を労るためにも治した方がいいでしょう。

 

また、ストレスや緊張などにより唾を飲み込む癖がある人は、同時に空気を一緒に飲み込むため腹部膨満感やガスが多くなります。これを呑気症といい、必要ならばこちらも治療する必要があります。

 

他に下痢や吐き気などの症状や、ガス自体も制御できないなど問題が大きければすぐに病院で見てもらうべきですが、おならがよく溜まるというだけならばこれらの原因について一度確認してみましょう。